パグ犬の皮膚病①

    bero.png


    パグといえば皮膚病というくらい、皮膚のトラブルが多いようです。
    うちのパグ(8歳)も、ちいさなころからカユカユに悩まされました。
    改善するまでいろいろと試行錯誤しましたが、
    お医者さんやペットサロンの方のアドバイスのおかげで
    ここ2年間は大きな異常なく過ごせています。

    フードを変えたこと、シャンプーを見なおしたことなど
    効果があったと思われることを記録しておきます。
    あくまでもわたしの犬に関しての内容になりますが、
    少しでもご参考になることがあればと思います。

    今回はこれまでの病歴についてです。 
    続きは下に。


    生後半年 アカラス

    食欲もあり元気なのに、食べても食べてもふとらず、
    からだが標準よりだいぶ小さい犬でした。
    体力・免疫力も低かったのか、生後半年、アカラス(ニキビダニ)症にかかりました。

    おでこ・目の周りから脱毛し、顔全体が真っ赤になり
    ひどい痒みでかきこわした部分がただれたり、黒ずんだり。
    みるからにかわいそうな状態でした。

    一年ほど通院し、注射と内服薬、薬浴で良くなりました。
    しかし、シニアになるとまた発症リスクが高くなるそうで
    体力をつけさせ、ストレスなどに気を配る必要があります。


    5歳 ふたつの皮膚炎・外耳炎

    アカラス以来、平和に過ごしていましたが
    5歳になる年の春、あごから胸にかけて皮膚が赤くなり
    脱毛が始まりました。痒みもあるようで、すぐに病院へ。
    脂漏性皮膚炎だろうとのことで、内服薬と薬用シャンプーを処方されました。

    一旦はそれで落ち着き、やれやれと思っていましたが
    夏が近づくとまた悪化し、再び投薬。
    涼しくなってから、ようやくおさまりました。

    ところが同じ年の冬、シャンプー後数時間経過すると
    背中や脇腹をかゆがり、しきりにかくようになりました。
    脱毛はありませんが、白いキラキラした粉のようなものが
    皮膚から落ちました。
    シャンプーをした日に限って出る症状でしたが、どうやら
    こちらは皮膚の乾燥からくるもののようでした。

    また、夏の暑い時期に外耳炎を発症したのもこの年でした。

    さまざまなトラブルが起きてしまい、
    投薬で一時的におさえるだけでは根本的な解決にならないと考え
    体質改善をすすめることにしました。

    (明日の記事につづきます)



    ↓応援よろしくおねがいします❀

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ
    スポンサーサイト

    テーマ:犬。それもパグ犬。 - ジャンル:ペット

    20 : 00 : 00 | めーの生活 | トラックバック(0) | page top↑
    トラックバック
    トラックバックURL
    http://menglish.blog.fc2.com/tb.php/209-92d36ced
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |

    プロフィール

    :よしこ

    Author::よしこ

    めー語 Twitter

    パグまんがめー語2

    パグまんがめー語
    単行本1、2巻発売中です

    めー先生と、わんこようちえん
    ↑幻冬舎plusにて連載中

    パグTシャツ販売中

    LINEスタンプ・めーのスタンプ
    LINEスタンプ・くるくるパグ
    LINEスタンプ・くねくねパグ
    LINEスタンプ・雪子さん
    LINEスタンプ・ご愛敬犬
    LINEスタンプ・ふわふわ

    最新記事

    カテゴリ

    いろいろ (338)
    色つき (169)
    写真 (54)
    めーの生活 (21)
    管理用 (10)
    中学文法 (46)
    めー会話 (32)
    社・理・国・数 (49)
    パグ以外の記事 (10)
    お知らせ (25)
    わんこようちえん (5)
    A to Z (0)

    ランキング

    にほんブログ村 犬ブログ パグへ

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR